首イボに悩む42歳女性が艶つや習慣を選んだたった一つの理由

首イボに悩む42歳女性が艶つや習慣を選んだたった一つの理由

現在40代前半の女性で、首イボがあれよあれよと増え、気が付けば20個も。

 

子供の頃に、手や足のイボを液体窒素で何度も治療した痛い経験と残った傷跡から、病院でのイボの治療は絶対に嫌だ。

 

そんなわたしは、自宅でイボ対策ができる美容クリーム艶つや習慣を購入しました。

 

実際に艶つや習慣を使っている人の中には、3か月以上使い続けることで、首のイボがポロっと取れたって人も多い今話題の商品なんです。

 

この記事では、本来であれば病院で治療するべき首イボを、病院での痛い治療が嫌だという理由だけで必死に他の首イボ対策方法を調べ、艶つや習慣を発見し購入に至った根拠を詳しくお伝えします。

 

この記事がわたしと同じように首イボが気になっているものの、痛みと火傷のような傷跡を伴う病院での治療は絶対に嫌だっていう人の参考になれば幸いです。

 

艶つや習慣の販売公式サイトを確認する

 

目次

 

艶つや習慣はこんな首元とデコルテのイボに効く

※画像

 

上の画像のような感じの首イボは、艶つや習慣が効果を発揮する老人性イボになります。

 

中には首にウイルス性のイボができることもありますが、ウイルス性の場合だいたいは足か手にできるので、首にできた写真のような首イボはほとんどが老人性イボだと言っていいでしょう。

 

年を取ると、古くなった肌を排出し、新しい皮膚を再生するターンオーバーの期間が遅くなってきてしまいます。

 

表面の皮膚が新しく生まれ変わる期間が20代は20日程度に対して、60代になると100日程度もかかってしまうんです。

 

通常であれば古くなった皮膚の角質は、新しい肌に押され排出されるが、年を取ると角質の排出がうまくいかず、肌にたまりイボになってしまうというわけです。

 

首にできた老人性イボの治療法は、病院で医療用ハサミで切るか、液体窒素で焼き切るのが一般的です。

 

ですが、この治療法だとかなり強い痛みを伴い、治療後にシミのような跡になってしまうことも多いです。

 

そこで、老人性イボの有名な治療法の一つとしても知られているヨクイニンなどの成分が配合された美容クリーム艶つや習慣の出番というわけです。

 

ヨクイニンのような首イボにアプローチする成分が多く配合されている艶つや習慣なら、首イボの再発も予防できる可能性が高いです。

 

首イボに病院での治療のように痛みなく、傷跡を残すこともなくつやつやスベスベの首やデコルテを目指せるのがわたしが艶つや習慣を使う一番のメリットなんです。

 

▲目次に戻る

 

 

艶つや習慣の首イボへの効果

首イボができる原因は、お肌の乾燥と老化、加齢によるターンオーバーの乱れの3つです。

 

首イボの原因の乾燥に関しては、お肌の保湿を欠かさないことで、ある程度の再発は防げるでしょう。

 

首イボの対策方法として効果的なのが保湿と、肌のターンオーバーを促すこと。

 

艶つや習慣に配合されているアロエベラや、ヒアルロン酸、アスタキサンチンなどの保湿成分が首元やデコルテを保湿し、イボができにくい肌が柔らかい状態を保ってくれます。

 

同じく艶つや習慣に含まれるハトムギエキスのヨクイニンとアンズエキス、プラセンタエキスがお肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

実際わたし自身も艶つや習慣を使用していますが、使っていくほど肌の質感はなめらかになって、ニキビなどの肌荒れも改善していったことを実感しています。

 

ただし、いいことばかりのはずもなく、艶つや習慣のデメリットとして即効性がないことが挙げられます。

 

首イボは、鏡を見るといつもイボが目に入って気になるし、老化現象でできるため、友達に見られるのがどうしても恥ずかしいんですよね…。

 

一刻も早く治したいのが本音です。

 

ですが、新しい肌を作るターンオーバーは年を取ればとるほど遅くなります。

 

そのため、最低でも3か月の艶つや習慣の使用を考えておかなければいけません。

 

3か月というと少し長いと感じる人も多いでしょうが、あの液体窒素の痛みと傷跡を伴う病院での首イボ治療を考えると、わたしにとってはデメリットでもありませんが。

 

艶つや習慣の販売公式サイトを確認する

 

▲目次に戻る

 

 

首イボ治療で絶対に首元に傷跡を残したくないからこそ艶つや習慣

首元のイボをなくし、ネックレスも映えるくらいのスベスベにして誰に見られても恥ずかしくないようになりたいですよね。

 

そんな人は、首イボをなくしたいと思った時に、まずは最初に首に傷跡の残らない艶つや習慣を試すべきです。

 

皮膚科で首イボを治療すると、医療用ハサミで切るか液体窒素で焼くかの2通りの方法があります。

 

ハサミで首イボを切る場合、根元から切れなかったり、医師の腕が悪いと出血がひどくなり傷跡が残る可能性もあります。

 

一方、液体窒素で首イボを焼き切る場合だと、マイナス200度の液体をイボに押し付け、凍らせることでイボの組織を破壊します。

 

その後、液体窒素によって火傷した肌が徐々に再生し、一番表面にあるイボがポロっと落ちるという仕組み。

 

しかし、液体窒素で焼いてからイボが取れるまで数日かかる上、1回でとり切れないと複数回液体窒素での治療が必要なんです。

 

女性であれば、誰しも料理なんかで油が飛び、手や腕を火傷してしまった経験がある人は多いと思いますが、液体窒素での首イボ治療の跡は、そんな状態になることが多いんです。

 

艶つや習慣なら、杏仁オイル(あんずオイル)やハトムギエキスに肌のターンオーバーを促進させる働きがあったり、ヒアルロン酸やアロエベラに皮膚を柔らかくする保湿効果があるため、首イボに直接働きかけてくれます。

 

艶つや習慣で首イボへの効果が表れるのは、個人差こそあるものの、根元からポロリと落ちるため傷跡が残らないんです。

 

▲目次に戻る

 

 

艶つや習慣の販売会社は信用できるのか

艶つや習慣の販売会社は、福岡に本社があります。

 

艶つや習慣を販売している運営元のアクアビューティーは、オールインワンジェルの艶つや習慣やクレンジング、プラセンタやヒアルロン酸などの美容液など、化粧品を中心に取り揃えているサイトです。

 

女性の美を追求するような商品のみ販売しているところも、アクアビューティーの美への力の入れ具合がうかがえます。

 

アクアビューティーのように艶つや習慣などの美容系の商品を多く扱っている販売経験は、個人的には販売会社の信頼を図る上での一つの基準にはなると思っています。

 

また、コールセンターも用意し、何回か質問で利用したこともありましたが、丁寧にこちらの疑問が解決できるまで答えていただき、利用者の疑問にしっかりと答える姿勢は信頼できるなと感じました。

 

また、艶つや習慣は薬局やドラッグストアなどの販売店はなく通販のみです。

 

通常よりも艶つや習慣を安く購入できる定期便も、お届け日の変更等を電話1本で自由にでき、定期便は1回からでも辞められます。

 

よくある化粧品の定期便だと、最低3回は使用しないと辞められないなどの、購入回数に縛りがある販売会社が多いものの、1回からでも辞められる艶つや習慣は良心的だし、それだけ商品に自信があるのでしょう。

 

艶つや習慣の販売公式サイトを確認する

 

▲目次に戻る

 

 

艶つや習慣に刺激の強い成分は配合されていないか

艶つや習慣は、基本的にはほとんどの人のお肌に影響を与えるような強い成分は配合されていないと考えて問題ありません。

 

なぜなら、副作用が起こりやすい成分が配合されている商品は、医薬品扱いとなりお医者さんの処方が必要になるからです。

 

ですが、艶つや習慣は化粧品なので、お医者さんが処方する医薬品のような強い成分は配合されていません。

 

実際に、敏感肌のわたし自身で使ってみても肌への問題は全くありません。

 

ですが、強いてあげるとすれば、エタノールとPG(プロピレングリコール)の2つの成分です。

 

エタノールはアルコールの1種で、防腐剤としての製品安定のために配合され、肌の油分や水分を奪い乾燥させてしまう副作用もあります。

 

ですが、エタノールは製品を洗面所などの常温でおいても品質が変わらないために必要な成分です。

 

そのため、エタノールでのお肌の乾燥というデメリットを補うために、その分艶つや習慣には保湿剤も多く配合されているので、エタノールによるお肌の乾燥はそこまで問題にはならないと言えるでしょう。

 

また、PGは成分同士を混ぜ合わせる乳化剤と保湿効果の役割を持ちます。

 

PGは皮膚への刺激性は弱く、副作用はないと言われています。

 

もし、過去に化粧品を使用して肌荒れした経験を持ち艶つや習慣も心配な人は、首に使う前に一度体の目立たない部分で使用してみるようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

艶つや習慣はどのくらいの期間で首イボに効果を発揮するのか

艶つや習慣の販売公式サイトでは、肌のターンオーバーの関係から、効果が表れるまで最低でも3か月以上の使用を推奨しています。

 

ですが、首イボに効果が表れる期間は人によってさまざまで、ネットの口コミだと早い人だと1ヶ月、6か月使って取れたって人もいれば、まったく取れないって人もいるようです。

 

艶つや習慣を使っても首イボに変化が出ないといった口コミもありますが、お肌のターンオーバーを考えればある程度の期間を続けなければいけないものの、途中で使用をやめてしまった人も多いようです。

 

艶つや習慣自体は、保湿効果も高く美容クリームとしても優秀なので、焦らずに気長に使うのがおすすめです。

 

わたし個人としては、皮膚科での液体窒素での痛い治療を考えれば、効果が表れるまで多少の期間がかかる艶つや習慣でも問題なく我慢できます。

 

すべすべできれいなデコルテを実現するためには、焦りは禁物なので、艶つや習慣でゆっくり目指しましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

病院での首イボ治療と艶つや習慣の比較

40代にもなってわがままなわたしは、首イボ治療に関して以下の点を重視します。

 

・痛いのは絶対ヤダ!
・できるだけ早く首イボを取りたい
・首元で目立つので首イボを取った後に傷跡を残したくない

 

かなりわがまま。

 

そんなわたしにぴったりなベストな首イボの治療方法はないとわかりつつも、できるだけ自分にとってベストな対策方法を選ぶべく、病院での首イボ治療と艶つや習慣での首イボ対策はどちらが自分の希望に合っているのか比較してみました。

 

まずは首イボ治療時の痛みで比較。

 

艶つや習慣は、痛み全くなし。

 

病院での首イボ治療は、医療用ハサミでイボを切る場合にも、液体窒素で焼く治療方法でもどちらも強い痛みを感じます。
特に、液体窒素によるイボ治療は、子供のころに手や足で何度も経験し涙を流しているため、二度とやりたくないというのが本音。

 

よって、痛みのない首イボ対策では艶つや習慣が有利。

 

 

次に、できるだけ早く治したいので首イボに効果が出るまでの期間で艶つや習慣と病院での治療を比較。

 

病院での医療用ハサミでの治療は、首イボを切るだけなのですぐに終わります。
けど痛いし、血が出るし、医師の腕が悪いと傷跡が残る可能性もあるため却下。

 

一方、艶つや習慣は、人によってイボへの効果が出るまでかなり個人差があります。
中には、2か月から3か月程度でとれる人もいれば、それだけじゃ取れない人もいます。

 

早くイボが取れるに越したことはありませんが、目立つ首元に病院での治療の痛みや傷跡が残ることを考慮したら、やはり艶つや習慣に分があると考えました。

 

最後に艶つや習慣と病院での首イボ治療で傷跡が残るかどうかで比較。

 

病院での首イボ治療は、ハサミで除去も液体窒素もどちらも傷跡が残ります。
一方、艶つや習慣なら傷跡は一切残りません。

 

よって、病院よりも艶つや習慣での首イボ対策の方がわたしには合っていると判断しました。

 

そのため、艶つや習慣を購入し現在使用中です。

 

わたしと同じ境遇で、首イボの治療で痛みがなく傷跡が残らない方法を探している人に参考になればと思い記載しました。

 

艶つや習慣の販売公式サイトを確認する

 

▲目次に戻る

 

 

金銭的な余裕がないため艶つや習慣の費用を安く抑えたい

わたしは、金銭的に余裕があるわけではないので、首イボ対策にかける艶つや習慣の購入金額は極力抑えたいのが本音です。

 

そのため、艶つや習慣を通常購入よりも少し安くなる月に1回送られてくる定期便を利用して購入しました。

 

艶つや習慣の定期コースは、1回購入後でもいつでも解約できるから失敗したらどうしようなんていう変なプレッシャーはありません。

 

参考までに艶つや習慣の価格を以下に記載しておきます。

 

艶つや習慣単品での通常購入:4104円が10%オフの税込み3693円+送料630円
艶つや習慣定期便購入価格:通常購入4104円が初回50%オフで税込み2052円で送料無料。
2回目からは20%オフの3283円

 

艶つや習慣は、1ヶ月に1個が目安ですが、内容量が結構多いため、首元だけに使うと1ヶ月じゃ使いきれません。

 

わたし自身は、保湿にも効果的なため首元だけでなく、顔にも塗っているのですがそれでも1ヶ月で使いきれるかどうかっていうくらいの大容量です。

 

1ヶ月で1個使いきれないって場合は、次回のお届け日の10日前までに電話すれば、お届け期間を変更できるから1か月で使いきれなかった場合の心配はせずに安心してください。

 

艶つや習慣の販売公式サイトを確認する

 

▲目次に戻る