首イボに効果的な艶つや習慣は妊娠中でも安全に使える理由!

首イボに効果的な艶つや習慣は妊娠中でも安全に使える理由!

もともと首にイボが少しあったものの、妊娠を機にさらに増えた気がする…。

 

首元のイボは目立つためなんとかしたい、そう思ったときに見つけたのが首イボ美容クリームの艶つや習慣。

 

艶つや習慣は妊娠中でも使える首イボ美容クリームです。

 

そうはいっても、妊娠中に艶つや習慣を本当に使ってもいいのか心配になってしまいますよね。

 

そんな人のために、この記事でなぜ妊娠中でも艶つや習慣を使用できるのかを解説していきます。

 

目次

 

艶つや習慣は妊娠中でも使える

首のイボに効果のある商品は、医薬品と化粧品があります。

 

医薬品は医師から処方してもらう薬や、薬局で薬剤師に説明してもらい購入できる市販品があり、どちらも高い効果がある代わりに少なからず副作用が発生する可能性がある商品です。

 

一方、首イボに効果的な美容クリーム艶つや習慣は、化粧品にあたり、医薬品のような大きな効果こそ期待できないものの、副作用がない安全な商品になります。

 

そのため、艶つや習慣を使用しても副作用は表れないし、お肌が敏感になりやすい妊娠中でも問題なく使用できます。

 

艶つや習慣は、妊娠中でない女性でも安心して使えるように低刺激な美容成分のみで作られています。

 

事実、艶つや習慣の販売公式サイトにも妊娠中でも使えることが明言されています。

 

また、妊婦さんにはうれしい無香料なので、苦しいつわりにも影響しません。

 

そんな艶つや習慣ですが、万が一使用してみてお肌に違和感を感じたら使用をやめましょう。

 

艶つや習慣に配合されている代表的な成分の副作用を解析したので、心配な人はご覧ください。

 

あんずエキス

艶つや習慣に配合されているあんずエキスにはお肌のターンオーバー(新陳代謝)を改善する効果があります。

 

本来排出されるはずの角質が老化が原因で、ターンオーバーが乱れ排出されずに固まったのが老人性の首イボです。

 

そんな首イボを、あんずエキスがお肌の新陳代謝を活性化させることで排出しやすくしてくれるんです。

 

あんずから抽出されるあんずエキスは、刺激がないため妊娠中でも問題ない安全な成分です。

 

ハトムギエキス

美肌効果が高いと漢方薬ヨクイニンとしても親しまれているハトムギ。

 

お肌の保湿効果と新陳代謝を正常化させる効果が高く、乾燥が原因でできる首元の老人性イボに効果を発揮します。

 

妊娠中にハトムギ茶を飲むと体を冷やしたり、流産の可能性を高めると言われているため飲めませんが、お肌に塗る分には副作用はないため安心です。

 

▲目次に戻る

 

 

妊娠中にハトムギ茶を飲んでもいいのか

首のイボにハトムギ茶がいいと聞いたので、妊娠中にハトムギ茶を飲みたいと思っている。

 

そんな人も多いかと思いますが、妊娠中にハトムギ茶を飲むのは控えてください。

 

なぜなら、ハトムギ茶に含まれる成分ヨクイニンには体を冷やす働きがあるため下痢や、子宮収縮の可能性があるからです。

 

妊娠中に過剰摂取をし、子宮収縮が起こると流産の可能性も高くなってしまいます。

 

そのため、首のイボに効くと聞いたからと言って妊娠中にハトムギ茶を飲むことはやめましょう。

 

ただ、そうはいっても妊娠中でも気になる首のイボ対策はしたいのが本音ですよね。

 

そんな場合は、ハトムギに含まれるヨクイニンが配合された美容クリーム艶つや習慣を首に塗るのがおすすめです。

 

お茶としてハトムギを飲むのではなく、首に塗る分であれば、妊娠中への影響はありません。

 

安心して首イボ対策ができます。

 

▲目次に戻る

 

 

妊娠中に増えたイボの正体

妊娠中の自分の首にできたイボの種類がわかってない人も多いです。

 

実は、首にできたイボの種類によっては、治療の方法も変わってきます。

 

そのため、まずは妊娠中に首にイボができたと気づいたときは自分のイボがどんな種類のイボなのかを見極めましょう。

 

妊娠中にできやすいイボは2つあります。

 

一つが免疫力の低下によってできるウイルス性イボ。

 

妊娠中は、母体から子供に栄養を与えるため、母親自身が栄養不足などの負担がかかります。

 

そのため、妊娠していない時よりもウイルスに対する抵抗力が弱くなり、ウイルス性イボもできやすいんです。

 

ウイルス性イボの特徴は、表面はカサカサ、ザラザラしていて、皮膚表面にわずかな盛り上がりがあることが多いです。

 

手のひらや手の甲、指や足の裏や指にできることが圧倒的に多いので首にできる可能性はあるものの稀です。

 

もう一つの妊婦に多いイボは、老人性イボです。

 

妊娠中は肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れ肌荒れが起こりやすくなりますよね。

 

そんな、妊娠中はターンオーバーの乱れが原因の老人性イボが首にできやすいんです。

 

ウイルス性イボは、放っておくと他の部位にうつる可能性もあるため、皮膚科での治療が必要です。

 

ですが、老人性イボは、ウイルスが原因ではなくうつらないため、放置でも問題ありません。

 

ただ、女性の見た目を左右する大事な首元のイボができるなら取りたいのが本音ですよね。

 

そんな場合は、自宅で塗るだけで対策できる首イボクリーム艶つや習慣での対策がおすすめです。

 

妊娠中に余計な負担をかけずに、痛みもなく首イボ対策ができます。

 

▲目次に戻る

 

 

妊娠中に増えたイボの対策方法

妊娠中にイボができた場合は、まずはそのイボがウイルス性イボなのか老人性イボなのかを判断します。

 

ウイルス性イボであれば、うつる可能性があるため、すぐに病院での治療をしましょう。

 

一方、老人性イボであれば他の部位にうつることもなく、胎児に影響はないため放置でも問題ありません。

 

即効性はないが、家でお風呂上りに塗るだけで対策できる美容クリーム艶つや習慣で対策するのもいいでしょう。

 

▲目次に戻る